ライバーとは

ライブ配信アプリは、ライバーが主にスマートフォンで生配信を行い、視聴者(リスナー)たちがその生配信を見るサービスです。視聴者はライバーに対していいねやコメントだけでなく、有料のアイテムを送ることができ、それがライバーの収入になります。

どんな内容を配信するか

ライブ配信の内容は、おしゃべりをしたり、ダンスや歌を歌ったりとライバーによって様々です。ライブ配信で視聴者と交流をするのが好きな人や、歌手志望・タレント志望の人が自分を知ってもらうために使っているケースも多いです。
動画配信というジャンルの中で、「ライバー」は「YouTuber(ユーチューバー)」と比較されることが多いです。「ライバー」は「ユーチューバー」と比較して、どのような違いや特徴があるのでしょうか?

動画の編集技術が必要ない

YouTuberは撮影した動画を編集してから配信しますが、ライバーはライブ配信、つまりテレビでいうところの「生放送」です。今、リアルタイムで起こっていることをそのまま配信するため、臨場感があって視聴者からの親しみも、より沸きやすくなります。

スマホ1つで始められる

YouTuberとして活動を始めようとすると、撮影用の機材や、配信しようとしているジャンルの専門知識、多少の動画編集スキルなど、それなりに準備が必要になります。一方、ライバーはスマートフォン1台さえあれば、すぐにでも配信を開始できるため、手軽に始めることができるということも魅力です。

視聴者とリアルタイムで交流できる

ライブ配信中は、動画を見ている視聴者とリアルタイムで交流することができます。例えば、視聴者からのコメントや質問を読んだら、その場で視聴者に返答ができたり、アイテムをくれたら、その場で視聴者に反応することができます。YouTubeでは、動画を見た視聴者がコメントを残すだけで、リアルタイムでの交流はできません。“みんなでワイワイ”という雰囲気が好きな人はライバー向きかも知れませんね!

収入源は「投げ銭」

YouTuberの収入源は、企業広告を視聴者が見ることで収入を得る「広告収入」です。そのため、視聴回数に応じて収入は大きく変動します。一方、ライバーの収入源は、いわゆる「投げ銭(ギフティング)」の形式です。視聴者が応援しているライバーに、投げ銭(ギフトやアイテムと呼ばれるもの)を渡すことで収入が発生する仕組みです。つまり、視聴人数が少なかったとしても、投げ銭が多ければその分多くの収入を得ることができます。

人気が出るまでの期間が短い

個人差はあるものの、YouTubeでYouTuberとして活動するよりも、ライバーとして活動する方が早く人気が出る傾向が強いです。現在はYouTube自体の知名度が高くなり、YouTuberとして活動をする方が急激に増えました。YouTuberの人口が増えているため、人気のYouTuberと肩を並べるのも、かなりハードルが高くなっています。その点、ライバーはまだそれほどの知名度がないため、ライバルが少なく人気が出やすいというわけです。中には、数カ月で数十万円から数百万円を稼ぐ人もいるのだそうです!

イベントに参加、広告や雑誌に出演

ライバーとして人気が出ると、それぞれのライバー事務所が主催するイベントへの参加や、広告、有名雑誌へ出演するチャンスが得られる可能性があります。有名になりたいという野望がある人には夢のある話ですね!


TOP
TOP